#25 Tsukemono, memo from “Let’s talk about Kyoto in English and Japanese”

Twice a month, my friend and I organize the event, “Let’s talk about Kyoto in English and Japanese”. Today’s theme was Tsukemono.
I took memo of useful expression 🙂

(All from “Trad Japan” NHK publisher has copy right.)
_______________________________________________

Pickles are deeply embedded in the lives of the Japanese to the extent that Japan is sometimes called a “pickle superpower”.
日本は漬物大国と呼ばれるほど、漬物が生活に溶け込んでいる国です。

Japanese pickles, tsukemono, are made by pickling the ingredients, primarily vegetables, in salt or other seasonings. They’re usually quite salty.
漬物は主に野菜を塩などの調味料で漬けたもので、塩辛い味が特徴です。

Many different types of vegetables can grown in Japan.
日本では様々な野菜が採れます。

The country is surrounded by the ocean, which means that salt has always been available in abundance.
海に囲まれているので塩もふんだんに手に入ります。

Tsukemono made using salt were developed as a means of effectively preserve vegetable.
野菜を上手に保存できる方法として、塩を使った漬物が発達してきました。

Rice is Japan’s staple food. It’s rich in nutrition but relatively simple in flavor.
日本の主食は米です。米は栄養価は高いですが、味はわりあい淡白です。

Tsukemono provide a perfect complement to it, and a tremendous range came to be produced.
そのため、米に合う漬物が、バライティー豊かに発達してきたのです。

The many varieties of tsukemono available today are created by altering the seasonings and methods of pickling.
現在では、調味料や漬け方に工夫を凝らすことで多くの種類の漬物が作られています。

These tsukemono were pickled in sake lees, The distinctive aroma and flavor of the alcohol are evident.
こちらは酒粕で漬けた漬物です。酒特有の香りとうまみが持ち味です。

Here are tsukemono pickled in soy sauce. Their rich, mellow, salty flavor goes well with rice.
醤油で漬けた漬物です。まろやかでコクのあるしょっぱさがご飯に合います。

These tsukemono were picked in mustard. They have a spicy kick!
からしで漬けた漬物は、つんとした辛みが特徴です。

And this is nukazuke- arguably the most popular type of tsukemono. Narazuke are made by packing seasonal vegetables in nukadoko, a bed of rice bran.
そして日本人にとって最も身近な漬物の一つが、この「ぬか漬け」です。ぬか漬けは、季節の野菜を「ぬか床」でつける漬物です。

The basic ingredient of nukadoko is rice bran, a byproduct of rice polishing. Salt, water and other ingredients vegetable are packed in to the mixture. They’re removed repeated daily for a week or so; then the nukadoko is ready.
ぬか床は米を精米した時に出る米ぬかに、塩、水などを混ぜ、発酵させて作られます。これに野菜のクズを漬け、毎日取り替えます。1週間ほどで、ぬか床が出来上がります。

You can now pack any vegetables of your choice into the nukadoko and leave them overnight to create mild-flavored tsukemono with a fresh salad-like appeal. If the vegetables are left for several days, further fermentation occurs and the tsukemono deepen in flavor.
このぬか床に一晩野菜を漬ければ、薄味でサラダのようにさっぱりした漬物ができます。また、数日漬けておくと発酵が進み、味の強い漬物になります。

You can use the nukadoko over and over; so long as it’s well tended. For this reason, nukadoko can be passed down from generation to generation, and the tsukemono made in it may very well take on a flavor that’s unique to that household. To prevent the growth of mould, it should be mixed from the bottom up once a day, every day.
ぬか床は手入れをすれば何度も使えます。そのため、ぬか床は世代を超えて受け継いでいくことができ、その家庭独特の味として食されることもあります。カビを防ぐために1日1回、底からかき混ぜて手入れをします。

In modern times, the Japanese diet has become heavily influenced by Western foods, but rice and tsukemono remain an integral part of the manu.食生活が欧米化して来た現代でも、ご飯と漬物の組み合わせは、日本人の食卓に欠かせないものとして受け継がれています。

____________________________

(from “Trad Japan”, NHK publisher has copy right.)

1. extent は「程度」を意味する語。
to a great extent 大いに、to some extent ある程度
ex.
Buddhism influenced the Japanese way of thinking to a great extent.
仏教は日本人のものの考え方に大きな影響を与えました。

2. abundanceは「豊富、大量」の意味。
in abundance は豊富に、大量に。
ex.
In the late Edo period, ukiyo-e were printed in abundance.
江戸後期に、浮世絵は大量に印刷されました。

3. be rich in は「〜が豊富だ」の意味。rich は特に有用や、あるいは価値がある物質を大量に含んでいるというニュアンズで用いる。
ex.  Japan is rich in marine products.
日本は海産物が豊富です。
Japan is poor in natural resources.
日本は自然資源が乏しい国です。

4. provide 「〜を与える、供給する、提供する、もたらす」
ex.
In the Edo period, terakoya private schools provided primary education.
江戸時代には、寺子屋が初等教育の場を提供していました。

5.「 やお=八百」は数が多いこと

6. of your choice 「あなた好みの」
ex. With nabe ryori, you can use ingredients of your choice.
鍋料理は、お好みの材料を入れることができます。

7. so long as 「〜する限り」
ex.
A kimono lasts forever, so long as it’s well looked after.
きちんと手入れをすれば着物は一生着ることができます。

8. integralは「不可欠な」の意味。全体の一部分として絶対に必要な物事に対して用いる。
ex.
Shinto has always been an integral part of Japanese culture.
神道は常に日本文化における必要不可欠な部分でした。

Courteous manners are an integral part of Japanese martial arts like judo and kendo.
礼儀は柔道や剣道などの日本の武道において欠かせない要素です。

trivia:
– 日本では年間約100万トン、およそ4,000億円分もの漬物が出荷されている。
– 漬物は太古から食されていたと考えられ、9世紀の平安時代の書物には49種類の漬物が記されています。13世紀の鎌倉時代、禅宗が盛んになって肉食を避けるようになると、米と漬物は重要な位置を占めました。
茶の湯が発達した戦国時代には懐石料理に漬物が出され、「香の物」と呼ばれるようになります。江戸時代になると米ぬかを落とした白米が普及し、その米ぬかを利用したぬか漬けが生まれます。

(All from “Trad Japan”. NHK publisher has copyrights)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s