#32 Obon

Twice a month, my friend and I organize the event, “Let’s talk about Kyoto in English and Japanese”. Today’s theme was Obon.
I took memo of useful expression 🙂

(All from “Trad Japan” NHK publisher has copy right.)
__________________________________________________________________
Every year in August, the city of Tokushima on the island of Shikoku becomes one big dance floor, as 10,000 people dance through the streets. Called Awa Odori, this is one of Japan’s annual Obon events to honor the spirits of ancestors.
毎年8月、四国の徳島氏は踊りの興奮に包まれます。およそ1万人もの人々が、町の通りを舞台にして踊ります。この祭りは「阿波踊り」と呼ばれ、日本人が一年に一度、先祖の霊を供養するために行う「お盆」という行事の一つです。

The ritual which Awa Odori is based on is still practiced in a fishing community in Tokushima.
徳島市の漁師町に、阿波踊りのもととなった儀式が伝えられています。

Those who have lost a family member within the past year gather at the port. This straw doll is said to act as a magnet for the souls of the departed.
過去一年に家族を亡くした人たちが港に集まります。この藁人形は死者の霊が帰って来るための依り代(よりしろ)だとされています。

People believe that facing the sea and calling out the names of the dead will bring their souls back to this world. They lively festival music is played. The participants from a circle and start dancing. This dance expresses the joy of having the ancestral spirits back for a brief while.
死者の名前を海に呼びかけることで、霊が戻って来ると考えられています。続いて、賑やかな歌とお囃子がはじまり、町の人々が輪になって踊ります。踊りには、祖先の霊の帰還を喜び、ひととき楽しい時間をすごすという意味が込められているのです。

In many parts of Japan, Obon takes place around the 15th of August, over a period of several days. There are various regional customs associated with it.
お盆は主に8月15日前後の数日間に行われ、各地に様々な風習が残っています。

On the first day of Obon, small fires are lit at the entrance to homes. This is done to help the ancestral spirits find their way home.
初日には迎え火が行われます。この火には、祖先の霊が迷わず家に帰るための道しるべの役割があります。

During the Obon period, there’s a tradition to make “cucumber horses”and “aubergine oxen”, This is based on the desire for the ancestors to come to visit as fast as possible riding on horses, but to leave as slowly as possible riding on oxen.
お盆にはキュウリの馬となすの牛が作られます。先祖の霊には馬に乗って早く帰って来て欲しい、そして牛に乗ってゆっくり戻ってほしい、という願いが込められています。

A special table is set up for the spirits, and offerings of food and drink are placed on it. It’s customary to treat the spirits as if they were still alive.
家に迎えた霊には、特別な棚を用意してご馳走をお供えします。まるで生きている人のように霊とすごすのがお盆の習わしなのです。

On the last day of Obon- August the 16th- fires are lit to send the spirits back to the world of the dead. One of the grandest send-off displays is Kyoto’s Gozan no Okuribi.
お盆の最後の日にあたる8月16日には、死者の霊をあの世へ送る送り火が行われます。なかでも京都で行われる「五山の送り火」はその壮大さで知られています。

The sticks of firewood used for the bonfires are offerings on which people have written messages to their ancestors.
燃やされるのは、人々が奉納する護摩木(ごまき)と呼ばれる木片です。護摩木には、先祖への思いが記されています。

Torchbearers climb up the hillsides carrying torches blessed by Buddhist priests, and light one pile of firewood after another.
僧侶が祈りを込めた松明が山を登り、次々と護摩木に火を灯してゆきます。

Here, we see an ideogram on the hillside- bright and magnificent. These bonfires are thought to help guide the spirits back to their world.
見事に山の斜面に文字が浮かびました。この明かりを頼りにして、先祖の霊は迷うことなくあの世に戻ることができると考えられています。

These events and practices related to Obon provide a glimpse into the Japanese outlook on life and death, which is based on the notion that people should always give a warm welcome to the spirits of the deceased.
お盆に行われる行事の数々。そこには死者の霊をあたたかく迎え入れる、そんな日本人の死生観を垣間見ることができます。
______________________
(All from “Trad Japan” NHK publisher has copy right.)

The butsudan is a household Buddhist altar to worship the family’s ancestors.
仏壇は、家族の祖先を祀るための家庭用の仏教の祭壇です。

practice は何かを定期的、習慣的に「行う」、あるいは教義や義務などを「守る」という意味です。また、スポーツや楽器などを目的語に取ると、それらの技術を向上させるために定期的に「〜を練習する、稽古する」の意味になります。
The tradition of bean-throwing is still practiced on Setsubun all over Japan.
豆まきの行事は今でも節分に日本全国で行われています。

the past 〜は過去から現在までの特定の期間を表します。例えば、the past year は「ここ一年間」の意味です。そのほかにも、the past weekとすると「ここ一週間」、the past ten years とすると「ここ10年間」となります。なお特定の期間を指す表現なので、通常定冠詞のthe を伴います。
Japanese anime have become very popular overseas during the past ten years.
ここ10年の間に、日本のアニメは海外でずいぶん人気となりました。

this world は我々が生きている現世の世界を意味し、仏教では「此岸(しがん)」と呼ばれます。それに対し、死者の世界である「彼岸(ひがん)」つまり、あの世や来世は the other world と呼ばれます。
Okuribi fires are to guide the souls of the deceased back to the other world.
送り火は死者の霊をあの世へ導くためのものです。

various は「様々な」の意味です。manyと違い、種類の異なるものが複数あることを意味します。またmanyと同様に、後には数えることができる名詞を複数形にして続けます。
Various kinds of Sake are produced across Japan.
日本国内で様々な種類の酒が製造されています。

When you watch a Kabuki play, the earphone guide service will help you understand the story.
歌舞伎を見るときには、イヤフォンガイドサービスが話の筋を理解するのに役立ちます。

It’s customary to do- 「〜するのが習慣です」
It’s customary to take newborn babies to a local shine to receive a blessing.
生まれた子を地元の神社に連れて行き、祝福を受けるのが習わしです。

outlook on -「〜に対するものの見方」、outlook on-, outlook over-「〜の景色、眺望」、outlook for- 「〜への見通し」
The Japanese outlook on life is reflected in the general appreciation of seasonal changes.
日本人の人生観は自然や四季の移り変わりを好むことに現れています。

(All from “Trad Japan” NHK publisher has copy right.)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s